【長崎】壱岐の「出会いの村」はスケール違いのキャンプ場だった!

こんにちは、壱岐の旅を満喫したトミケンでで。その旅の中で出会いの村キャンプ場でソロキャンプをしてきました!今回のポイントは初のソロキャンプと言うこと。道具も無く挑んだ、無謀なソロキャンプでしたが、終わってみたら非常に良い経験になったキャンプ(サバイバル?)でした!

壱岐の旅のブログはこちら

出会いの村

出会いの村キャンプ場は壱岐の最西にあります。近くには猿岩があるので、猿岩⇒出会いの村で遊ぶと効率が良いですねー。キャンプ以外でもBBQ、シーカヤック、筏釣りも楽しめますので、家族や友達同士での楽しい思い出が作れそうです。金額はキャンプ場入村料で300円。今回はシュラフもお借りしたので、合計600円でした。

コテージや館内の和室など、宿泊の種類も選べますので、詳しくはこちらの料金表をご確認ください。

壱岐 出会いの村 キャンプ場看板
看板があるので、わかりやすいです。
壱岐 おすすめキャンプ場
管理棟は大きな建物です。
壱岐 キャンプ場
ここで受付を済ませます。 テントサイト以外の宿泊者は、こちらでお風呂に入れます。左にビールの自動販売機あり!
壱岐 出会いの森 MAP
今回はキャンプサイトを借りましたが、炊事棟の近くにテントを張っても良いとのことでした。

ロケーションが凄い!

この出会いの村の規模はめちゃくちゃでかいです!すぐ近くに海があるし、とにかく雄大なんです。こんなに雄大なキャンプ場初めてかも。スケールのでかさに感動です。

壱岐 おすすめ キャンプ サイト
キャンプ場から管理棟をみるとこんな感じでした。
キャンプ 長崎 壱岐
この看板の下がフリーサイト。車の乗り入れはできませんが、すぐ近くに駐車場があります。搬入にはキャリーワゴンがあった方が良いです。
壱岐 キャンプサイト 炊事場 出会いの村
炊事場の奥のテントサイト。ここは車を乗り入れても良いそうです。

みなさん、お気づきですか?そう、この日は平日と台風の翌日とあって、キャンプサイトは貸し切りだったのです。この広いサイトにたった独り・・・。なんと貴重な経験だ!!!日が暮れるまでにもろもろ準備を済ませます。

いざソロキャンプへ!

炊事場は電気がつくので、炊事場の近くテントを設営しました。このソロテントは水に弱いとの事なので、(前日の台風の影響で)地面は濡れている可能性を考え、100均でビニールシートを購入しておりました。壱岐にもダイソーがありましたよ!

激安 ソロテント キャンプ
先日購入したソロテント。もっとちゃんと撮ればよかったけど、これしかないの図。奥右に見えるが、借りたシュラフです。
ソロキャンプ
ちなみに左にキャンプ道具を押し込んでいます。右はビジネスセット。道具はこれだけです。
おすすめ キャンプ道具
夕食。アルコールランプでお湯を沸かします。

国道382号沿いにダイレックスやダイソー、ドラッグストアモリなどがありますので、食材を調達をしておくと良いでしょう。出会いの広場の近くには何もありませんのでご注意を!

持っといてよかったと思ったのはアルコールストーブ。冬にテント内を温める道具として、買っていました。今回は、お湯を沸かすのに使いました。後ほどこのアルコールストーブが鬼神の働きをしますw

日が暮れる。そして雨が・・・

まだ日があるうちに食事を終え、疲れからか寝てしまっていました。しばらくして目を覚ますと、そこは闇、闇、闇。虫の鳴き声が響きます。まるで世界にたった独りの気分。さすがにちょっとは明かりが欲しいので、炊事場の電気を入れます。明るいと気持ちに余裕が生まれますね。

再びテント内で寝ていると、音で再び目を覚ましました。キャンパーが一番聞きたくない音でしょう。そう、テントが雨をはじく音。ポツリポツリと小ぶりの雨が降ってきました。実は夕方も少しだけ降っていましたが、すぐに止んだのと、天気予想は曇りだったこと、翌日は晴れの予報だったので、雨は無いと油断していました。

だんだんと雨脚が強くなってきます。テントには防水スプレーをふっていますが、もはや何の役にも立ちません。少しずつテント内に雨が浸水してきます。まずは雨を防ぐために、テントの下に敷いていたレジャーシートをテントにかぶせます。いくらかは天井からの浸水を防いでくれました。睡魔も襲ってきており、そのままシュラフにくるまって眠りにつきました。

夜のテント動画。暗くてすみません。雰囲気が分かれば。

次に目が覚めた時は、寒さからでした。朝4時くらいです。シュラフが水を含んでおり、着ていた服も濡れています。雨の影響で一気に体温がさがってしまったようです。しばらく耐えてみましたが、これは下手したらヤバイと、本気で危機を感じました。普通のキャンプだったら、ここで焚火台を使って、火を起こしてという発想なのですが、焚火台も薪も無いんです。

そうだ!炊事場の横に薪があった!竈で火を起こそう!と、テントを抜け出して、薪を探します。薪は雨に打たれており、しけっていました。それでも火が起こせるかもと、できるだけしけってない薪を選びます。持っていたノートに火をつけて着火を試みますが、薪には全く火が着きません。いつもは着火剤を使って、ちゃちゃっと火を着けるですが、しけった薪への着火を舐めていましたね。どんどん紙が無くなっていきます。

そこで、アルコールストーブで燃やすことにしました。燃料が切れたら終わりです。竈の一番下にアルコールランプを置いて、紙を燃やしながら、薪に着火させます。これでも、なかなか着火しませんでした。思ったより薪の水分が蒸発しないのですね。10分くらい格闘したでしょうか、あたりが明るくなり始めたころ、やっと薪に火が灯りました。フーフーと息を吹きかけます。そこからは一瞬、アッと言う間に薪が火に包まれました!あったかい!!!火に心から感動したのは、これが初めての経験でした。その火でお湯を沸かして、コーヒーを入れます。 この時に飲んだコーヒーのうまさを、私は一生忘れないでしょう。火を切らさないように、注意しながら薪を投入し続けます。濡れた服を乾かしながら、暖を取り続けると、すっかり体調も回復しました!壱岐にも新しい太陽が昇りました!

壱岐 おすすめ キャンプ
火が着いた竈。アルコールランプは、火が着くと同時に燃料が切れました。

設備紹介

炊事棟に薪が備え付けてあったことが最大級の評価です。では、もろもろ紹介します!

出会いの森 シーカヤック
管理棟でシーカヤックのウェアをレンタルすることができます。
出会いの森 コテージ おすすめ
コテージは5棟あります。
コテージ アップ 写真
近づくとこんな感じです。
出会いの森 BBQ
BBQ広場はこんな感じ。
出会いの森 管理棟
キャンプエリアの管理棟。トイレとシャワーはこちら。
出会いの森 シャワー
シャワーはこんな感じ。お金を入れるところが無いので無料かも?
出会いの森 トイレ
男子トイレ。きちんと管理されています。
出会いの森 炊事場
炊事棟とレンタバイク。
壱岐 キャンプ 出会いの森 炊事場
炊事場。ネットで囲まれており、動物が侵入できないようになっています。
壱岐 初心者 キャンプ 薪写真
炊事棟の横に薪がありました。これを確認してよかった!
壱岐 初心者キャンプ おすすめ キャンプ場 駐車場
テントエリアの駐車場。かなり広いです。
壱岐 エコバイク 充電スポット
電気バイクも充電させていただきました。ここまで残量のメモリが無で、レッドランプが点灯しておりました。

まとめ

壱岐出会いの村はキャンプ場としてはかなりおすすめのキャンプ場でした。ただ、テントの貸し出しが無いので、観光でキャンプをするとなると、正直難しいだろうなと思います。テントのレンタルがあれば、観光客のキャンパーはうれしいでしょうね。

初のソロキャンプは、大失敗でしたね。せめて装備はちゃんと持って行きましょうwこの経験をしたからこそ、次に挑戦出来ます。とポジティブに考えるバカな私です。この安価のこのソロテントを使うのであれば、最低でもタープは要りますね。雨がしのげれば、冬以外はこれで大丈夫そうです。この後に温泉に行きましたので、猿岩⇒キャンプ屋⇒温泉はおすすめです。詳しくは壱岐の旅編のブログをご確認ください。

壱岐 出会いの村

詳しくは出会いの村の公式ホームページをご確認ください
住所:長崎県壱岐市郷ノ浦町新田触
電話番号:0920-46-0789

応援リンクをぽちっとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA