【情報】超リアル!サバイバルゲームのGREEN HELLがヤバすぎる!

こんにちはトミケンです!日頃はほとんどゲームをしない私ですが【GREEN HELL】と言うゲームにはまってます。熱帯雨林の中で、一人で生き残るサバイバルゲームなんですが、マジでヤバすぎる面白さ!今回のブログでは、キャンプとは真逆のスーパーインドアなのですが、キャンプ好きは絶対にハマるゲーム【GREEN HELL】を紹介します!

※現在キャンペーン中で通常価格:2,499円(税込)が発売記念価格⇒2,249円(税込)になっています!興味ある方はぜひダウンロードしてみてください!2021年2月18日(木)23:59までです!
※現在キャンペーンは終了しています。

目次

GREEN HELLとは?

GREEN HELLはNintendo switchのダウンロード用のゲームとして、2021年2月10日にリリースされたばかりです。ダウンロード用なので、ゲームショップを探しても有りません!ご注意ください!元々はPC用でリリースされたもののようですね。ジャンルとしてはサバイバルホラーとの事。

ゲームの概要を簡単に説明すると、アマゾンのジャングルに一人で放置するから、さみしいけど生き残ってね。と言うサバイバルゲー厶で、ゲームモードは3つ。

1つ目はストーリーモード。トランシーバー一つで、アマゾンのジャングルを探索しながら、ストーリーに沿って謎の部族と接触する。みたいなやつです。謎の部族が襲ってきます。血で血を洗う恐ろしいやつです。なるほど、これがサバイバルホラーたる所以ですね。冒頭で紹介しているYou Tubeは、このストーリーのトレーラーのようです。

2つ目はサバイバルモード。アマゾンのジャングルを生き残るだけの、目的がないダラダラとしたモードです。食料を調達しながら、寝床を作ったり、じっくりやり込ます。宿敵はガラガラヘビです(今のところ)。

3つ目はチャレンジモードです。出されたミッションを達成するシンプルなゲーム性です。

各モードで「公園の散歩」から「緑色の地獄」まで4段階で難易度が選べます。私みたいにゲームがヘタクソなおっさんに対しても、優しさが溢れています。

タイトル画面。ロック好きな私としては、GREENDAYのアルバムをイメージしてしまいます。
このスマートウォッチでジャングルを探索します。右に何かの獣がいますね。

プレイしてみる

今私がハマっているのはサバイバルモード。ゲームを開始すると、いきなりジャングルに放り出されます。あるものは自分の健康状態がわかるスマートウォッチとバックパックのみ。いきなり不安しかないです。

まずは石を拾って、それで石刃を作ります。これで植物を刈ったり、細い木を切ったり出来るようになります。

木やヤシの葉を集めて、寝床を作るとやっとセーブポイントが出来ます。ここまでで、何度も死んで、何度も最初からやり直ししてます。私にとっては複雑な操作性も、徐々に慣れてきました。このゲームの特徴は、なんと言っても、夕方になると、視界をほぼ奪われて、何にも出来ません!必然的に昼に動いて、夜は寝る事になります。そう、ゲームなのに真っ暗になるんです!衝撃を受けましたね。このスタッフのリアル追及の本気を見ました。

朝や夕方はこんな感じ
お昼は視界良好になります。しかし疲れてますね。
夜は真っ暗。画面の角度によってはただの闇になります。

めちゃめちゃ難しい!

死因(ゲームオーバー)の原因は様々で、ガラガラヘビに噛まれ毒死したり、不衛生な水を飲んで寄生虫にやられたり、エイを踏んで毒死したり、崖から落ちて怪我が悪化して死んだり、怪我からの感染症にかかったり、普通に飢え死にしたり、と、さまざま。バロメーターになっているストレスのゲームバランスもうまく出来ていて、例えば、虫の幼虫とか食べれば、空腹は少し満たせるけど、ストレスは上がっていくとか。食べれるかわからないものを食べて、やっぱり食中毒になって、リアルに嘔吐したりします。

飢えをしのぐ食料は、バナナとかキノコとか優しいものから、カエルやカタツムリからウジ虫まで。イノシシを弓矢で倒した時は、達成感がありました!火を起せば、焼く事もできます。しかし、火を起こすのも難しくて、何度も失敗します。やっと火が起こせても、雨が降って火を消されます。鬼かっ!そんな中で食べたカエルの丸焼きとエスカルゴがどんなにおいしかったことか。容易に想像が出来ます。

他には体力もあって、動きすぎるとその場で気絶します。気絶は死にはしませんが、体力削られますし、体が汚れます。汚れがストレスになるので、川で体を洗います。川にヒルがいたら、これまたストレスになります。もうリアルにストレスがたまります。

バナナの安定感は優勝です!
カピパラ発見!いつか食ってやるからな!!!
このシェルターを作って、初めてセーブが出来ます。中で休むこともできるので、早めに作りましょう!
よくわからないキノコを食べて生きていきます。この汚い川の水も飲みます。ヤシの実が神。
たまたま写真撮ろうとしたら、動画になって、ガラガラヘビに噛まれたところw

まとめ

まだ全然進めていませんが、軽くまとめると、幼少期からのトラウマになっている魔界村以来のゲーム難度です。と、これで公園の散歩モード。どれだけ玄人向きのゲームやねん!

しかし!これだけ難しくても、なぜかずっとプレイしてしまいます!私にとってゲームとは、生産性のない無駄な時間なんです!そんなことは頭ではわかっているんですが、ついついコントローラーを握ってしまうんです!そう、私は完全にGREEN HELLの虜になってしまっています!野営キャンプが好きな方には、この気持ちはわかってもらえるでしょうか?ぜひ、キャンプ好きなみなさんにもプレイして頂きたい、そんなゲームGREEN HELLの紹介でした!

GREEN HELL概要

タイトル⇒GREEN HELL(グリーンヘル)
対応機種⇒Nintendo Switchダウンロード
配信開始日⇒2021年2月10日(水)
価格⇒2,499円(税込)
発売記念価格⇒2,249円(税込)※2021年2月18日(木)23:59まで
プレイ人数⇒1人
ジャンル⇒サバイバルホラー
CERO⇒D(17歳以上対象)
開発会社⇒Creepy Jar, Forever Entertainment

夏におすすめの快適アイテムを紹介!

キャンプのシーズンがやってきました!海に山におもいっきり楽しみたいですね。でも、暑くなってくると、それどころではないですよね。今回は、私も暑さ対策や、虫対策でずっと使っている、とっておきのアイテムを紹介します!ぜひ皆さんも試してみてください!※写真をタップでAmazonのページにリンクします。

扇風機付きのライト

夏のテントの中って、本当に暑いですよね。そんな時にはこれがあれば、心地よい風を送ってくれます。ライトのLEDで明るく省エネ。本当に持っていてよかったと思うアイテムです。

携帯型アイスノンfor SPORTS

夏の寝苦しい夜にも、これがあれば、快眠できます。アイスノンみたく冷凍しておく必要が無く、真ん中から”パキッ”とわれば、冷たくなる優れもの。一度、キャンプ中に熱中症になったんですが、これおかげで生還できました。救急グッズとしても、持っておくと良いですよ。

子供にも安心ハッカで作る虫よけ

暑い時期のキャンプの最大の敵は、なんといっても虫。野営だと、無駄に足の長い細い蜘蛛とかいますよね。うちは虫よけには、手作りのハッカ水を作って持って行っております。作り方は簡単で、水道水にこのハッカ油を混ぜて、スプレーに入れるだけ。うちはエタノールは入れません。洋服にもガンガン吹きかけています。虫よけと、爽快感を味わえるので、夏のベストアイテムです!

超強力な蚊取り線香(森林香)

テントを張ると必ずこの森林香で、結界を作ります。蚊取り線香では無いのですが、山の害虫から身を守ってくれます。この森林香とハッカ水のコンビで、最近は虫が嫌いな嫁もキャンプに付き合ってくれるようになりました!

ウッドキャンドルを楽しもう!

キャンプでの楽しみは焚き火ですよね。最近ではおしゃれなスウェーデントーチなどで、焚き火を楽しむ方も増えています。しかし、このスウェーデントーチは丸太に切れ目を入れるので、素人が作ると大変ですし、キャンプ場は直火禁止がほとんどなので使うことが出来ないのです。

このウッドキャンドルは、焚き火台の上で利用できるサイズで、スキレットやケトルを乗せて調理も可能です。ソロ時に、かさばる薪の代わりに持って行くと、荷物をすっきりさせることが出来ます。キャンプの大切な時間に、ウッドキャンドルを使ってみませんか?

ウッドキャンドルはこちらから購入可能です。


ぜひFacebookにも「いいね!」をお願いします!Facebookでは、キャンプ情報のみをお送りしております。

応援リンクをぽちっとお願いします!ブログのモチベーションになります!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる