【道具】冬を乗り越えろ!初心者向けに冬キャンプの防寒対策を教えます!

こんにちは、トミケンです。変な秋が過ぎ去って、いよいよ本格的な冬のキャンプのシーズンが到来しましたね。凍死しそうな体験を幾度と乗り越え、今では冬のキャンプに備えた道具もだいぶ揃ってきました。そこで、私の冬キャンプの寒さ対策や、愛用する便利な防寒グッズを紹介します!初めての冬キャンプの方の参考になれば幸いです!

とにかく寒い冬のキャンプ

まず、当たり前のことですが、冬の天敵は寒さです。甘く見ていると、まじで危ないです。起きているときは、何かと体を動かしたり、焚き火で暖をとることが出来ますが、いざテントに入ると、想像以上の寒さが襲ってきます。テントって、何気に地面からの冷気が冷えるんです。そこで我が家は、ホームセンターなどでも売っている銀マットを敷いてます。これを敷くだけで、暖かさと寝やすさが違いますよ。マットが大きいとかさばるので、真ん中から縦に二つに切って、積み込みしやすい仕様にしています。

当然なのですが、暖かい服を着る。これもシンプルですが大事です。サッカーのベンチコートみたいなものは、寝るときも毛布の代わりにかけられるのでおすすめ。ただし、焚き火の火の粉が、服に飛んでくることもあるので、高価な上着は避けたほうが良いです。

シュラフは2枚重ねたら暖かい

我が家の冬キャンプでは、シュラフは2枚重ねをしております。冬用のシュラフ(マイナス20℃対応とか)は高額なのでとても買えません。2枚重ねでもまだ寒いので、さらに毛布を一枚かけてます。また、シュラフの中にはカイロを放り込んでください!カイロは神が作った最高傑作のうちの一つです。そして、湯たんぽがあれば最強です!

シュラフ 冬 おすすめ
シュラフの2枚重ね+毛布です。カイロと湯たんぽで完全武装しています。

暖房器具が積めない

本当はキャンプ場にストーブを持っていきたい。車に積めない・・・。テントでストーブを炊きたい。テントが小さい・・・。そんな私は、このガスヒーターを使ってテント内を暖めています。灯油も使わないし、市販のガス缶で数時間持つので、重宝しております。

Kovea キューピッド ポータブル ガスヒーター

ガスストーブ おすすめ
ガス缶を使います。めちゃコンパクトですがパワーあります。

昨年に安物のガスヒーターを買いましたが、寒い日は火が安定せず、まったく役に立たないものでした。友達が使っていたこれが、めちゃめちゃ良かったので、今年は思い切って購入。7,000円と昨年買った安物ヒーターの3倍の価格でしたが、 早速、使い倒しています。長期間使うものなので、安心、安全を考えても、購入して良かったです!

ガスストーブ 冬キャンプ用
箱に入れるとこんなにコンパクト。これなら小さい車にも詰めます!
冬キャンプ 暖房
このサイズはテント内やタープ内で活躍しますね。

テント内で使うときは、ガスヒーターから目を離さないようにしましょう!ガス漏れや爆発など、危険もありますのでご注意を。また野外で使うときは、風よけにアルミホイルで囲います。マグネットがあると、ぴたっと固定できるので便利ですよ!

車が大きい方はアルパカストーブがおすすめです。灯油で経済的だし、何と言っても暖かい。私の車が大きかったら、迷わずにこれ買います。

アルパカストーブ 冬
友達が持っているアルパカストーブ。めちゃ良いです。お湯が沸かせるのがキャンプでは、ありがたいですね。

冬の水仕事は極力避けたい

冬の最大の天敵はです!キャンプ場で、お湯をつかえるところはほぼ皆無で、水オンリーのところが大多数。そこでの洗い物が地獄なのです。普通に洗うだけで、しもやけになっちゃいますよ。解決方法として、これはゴム手袋があると、だいぶ楽に洗えますよ。100均で売っていますので、キャンプ前に買っておきましょう!最近では、1泊のキャンプでは洗い物はせずに、家に持ち帰って洗うこともしていますね。洗い場混むし・・・。

冬はワカサギ釣りが楽しい

次は遊びです。やっぱ冬はワカサギ釣りのキャンプが最高に楽しいです!佐賀の北山ダムは、昼にワカサギを釣って、そのまま夜に食す事ができるので、超おすすめです!

■ワカサギ釣りのブログはこちら

■北山ダムのブログはこちら

冬キャンプまとめ

冬の食事と言えば、牡蠣があるので、BBQも海鮮が美味い!冬は虫もいないし、蛇も熊も冬眠中。人も少ないので、やっぱりキャンプは冬でしょ。と思っている私です。最近はキャンプが流行っているので、多くの方が冬キャンプに行かれると思います。冬は火を使う事が多く、爆発事故や寒さの事故が無いように注意して、自己責任で冬キャンプを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA